リセ・フランセ・ド・京都の研究

リセ・フランセ・ド・京都の研究

なぜ リセ・フランセ・ド・京都(LFK)を、フランス人学校を選ぶのでしょうか?その長所、利点、特徴は?LFK教師たちに尋ねてみました。

LFKに在籍し、学習するということは、フランスで暮らしている子供と同じ教育を受けることです。LFK校長によれば、「パリにある仏国教育省は履修プログラムを定め、定期的に成績評価、資格を与えることで、数百万人に上る生徒たちの教育を組織・統括しています。こうして、幼児部からリセ(高等部)まで、生徒たちは一環した教育を受けることができるのです。国内であれ海外であれ、フランス人学校に在籍する生徒は、同じ教育を受けているのだという安心感を抱くことができます。」

各レベルで習得すべき能力が明記されたこのプログラムは、幼児部に始まります。幼児部は、ただの託児でもキンダーガーデンでもなく、独立した‘学校’として存在しています。年少から年長の間に、子供たちは‘生徒’になることを学習します。小学校から始まる読みの学習や算数の基礎に欠かせない知識に触れ本質的な能力をみがきます。

幼児部(Cycle 1)の教師によれば、「能力には6つの分野があり、特に優先されているのが、学習の中枢となる言語能力」です。「子供たちが楽しく学び、新しい経験ができるように、教師たちはワークショップを実施しています。子供たちは遊びながら学習します。それと同時に、年少の昼寝、年中の休息、午前中と午後のリクリエーションなどにより、子供たちのバイオリズムを大切にしています」。

宗教色がなく、平等なフランス人学校の門戸はすべての子供に開かれています。

文化的、社会的、地域的出自にかかわらず、すべての生徒が満足な教育を受けられるように、全員に同等のチャンスが与えられなければなりません。フランス人学校は、あらゆる国籍の子供たちを受け入れます。ある教師はこう語っています。

「両親がベトナム語しか話さないベトナム人の家庭に育ちましたが、フランス語の読み書き、計算から、世界を発見することまで、すべてを学校で学びました。学びたいという気持ち、そして、後々は自分自身も教師になりたいという気持ちを与えてくれたのは先生たちでした。現在は、私自身が生徒に‘学びたい’という気持ちを伝えようとしています。」

フランス人学校の望みは、共同生活の基盤となる共和国法や道徳律を守りながらも、自由で自立した市民を育てることです。決まりには厳格に従いつつ、学業の成就だけではなく、イマジネーションや創造力を伸ばし、生徒の精神的充足・成長を目指します。フランス語教師はこう語っています。

「年齢にかかわらず、子供たちが独自の視点を持てるように私たちは努力しています。厳密で構築的な精神に則りつつ、批判の精神、対象との知的な距離のとり方を学ばせます。リセの哲学教育はフランス独自の現象だということも忘れてはいけません」。

大講義とは対極の授業が行われています。生徒は授業の主体であり、教師は常に彼らを対話にいざなうことで積極的な参加、関与に導きます。知を上から押し付けるのではなく、生徒が自ら取り込むようにさせるのです。ある歴史講師はこうコメントしています。

「各授業で生徒は考察の対象となる問題と向き合います。そして、回答の要素を、段階を追って自分自身で組み立てます。教師は、励ますことはあっても、だめじゃないかとは言いません。このメソッドにより、他の生徒と同じ目標に向かって進みながら、各自のリズムで学習することが可能となっています。各授業の終わりに、要点を復習します。最初の問題への解答を教師と生徒がいっしょに話し合います」。

「コレージュ(中等部)の教育では、証明の概念に関する考察を早々に始めます。数学のプログラムの中心となるのは、問題を解くことです。結論とそこに至るまでの過程の一貫性を確認するのはむずかしいことではありません」と科学教師は語る。

フランス人学校の利点にLFKの利点が加わります。小規模組織ゆえの恵まれた環境です。少人数クラスなので、パーソナルなフォローアップが可能となっています。「教師は一人一人の生徒に時間をかけることができます。問題があってもすぐに見つかり、解決策がもたらされます」

幼児部・初等部では、年齢の異なる生徒を一クラスにまとめた複式学級による授業を行っています。「複式学級では年上の生徒が年下の生徒を上に引っ張り上げます。年上の生徒の責任感や自立心が短期間のうちに養われます。年下を助け、自分が既に知っていることを伝える時、年上の生徒の知識は‘価値’として認識されます」と幼児部の教師は語っています。

教師のなかにはLFKの家庭的な雰囲気を指摘する者もいます。LFK生徒は特にオープンで好奇心旺盛です。「生徒の多くが複数の文化的バックグラウンドを持ち、その家庭環境も文化的な経験もバラエティに富んでいます。数ヶ国語を操り、明晰で、精神的にも成熟しており、成功への意欲に満ちています。このような状況はすべての生徒に好影響を及ぼします。」